フィデューシャリー・デューティー宣言

株式会社MILIZEでは、顧客の立場で真剣な「ファイナンシャル・コンサルティング」を行うプロをサポートするためのお金のツールを提供すると同時に、「FPの学校」を設立し、新たなプロの養成を行います。

そこで、当社は、高度の専門性と職業倫理を持つ金融のプロフェッショナルとしてフィデューシャリー・デューティー宣言を致します。また、今後は弊社の取り組み状況に応じて、本宣言を見直してまいります。

1.顧客の最善の利益追求
(1)高度の専門性と職業倫理を保持し、顧客に対して誠実・公正な業務を行うFPの育成を行い、顧客の最善の利益を追求します。
(2)お客様が、お金についての不安を適切に解消し、長期的な資産形成を円滑に行うことができるようなFPの育成に尽力します。
(3)お客様に寄り添い、ライフステージに合致した、顧客の真のニーズや利益をかなえる提案ができるシステムを構築します。

2.利益相反の適切な管理
(1)取引における顧客との利益相反の可能性について想定し、利益相反の可能性がある場合には、当該利益相反を適切に管理することができるFPの育成を行います。
(2)構築するシステムは顧客に対して最大の利益を提供できるようにし、利益相反を招かないようにします。

3.手数料等の明確化
(1)名目を問わず、顧客が負担する手数料その他の費用の詳細を、当該手数料等がどのようなサービスの対価に関するものかを含め、顧客が理解できるよう情報提供できるFPの育成を行います。

4.重要な情報の分かりやすい提供
(1)金融商品・サービスの販売・推奨等に係る重要な情報を顧客が理解できるよう分かりやすく提供できるFPの育成を行います。
(2)顧客が資産運用を検討する際に、容易に理解できるように、明確、平易な表現を使ったシステムを構築します。

5.顧客にふさわしいサービスの提供
(1)顧客の資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズを把握し、当該顧客にふさわしい金融商品の販売・推奨等を行うFPの育成を行います。
(2)顧客の資産状況が把握しやすいシステムの構築を行うことで、FPや顧客の利便性を高めます。

6.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等
(1)顧客の最善の利益を追求するための行動、顧客の公正な取扱い、利益相反の適切な管理等を促進するように設計された報酬・業績評価体系、従業員研修その他の適切な動機づけの枠組みや適切なガバナンス体制を整備することができるFPの育成を行います。