NEWS

2024年6月17日 プレスリリース

MILIZE、住宅ローン仮審査申込システム、金融機関・ハウスメーカーに提供開始

簡単な入力と必要書類を写真で撮って送るだけ!銀行審査システムにも直結することで仮審査申込のDX化を実現

 株式会社MILIZE(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 徹、以下「MILIZE」)は、MILIZEの子会社である株式会社みらいバンクへサービス提供している住宅ローン仮審査申込システムを、銀行代理業、地域金融機関、ハウジングメーカー向けに提供開始します。

■背景

 ハウスメーカーや不動産会社の営業員が住宅ローンを顧客に紹介する際、金利や手続きのスムーズさを考慮して最適な銀行を選ぶことが重要です。MILIZEの子会社であるみらいバンクは、銀行代理業を担い、住信SBIネット銀行の住宅ローンを媒介しています。媒介するにあたり、MILIZEは、みらいバンクに住宅ローン仮審査申込システムを開発しました。

 MILIZE・みらいバンク、住信SBIネット銀行のBaaSを融合したこの取り組みは、「Japan Financial Innovation Award 2024」において、コラボレーション賞を受賞しました。その取り組みの一部に、ハウスメーカーに対し、MILIZEの住宅ローン仮審査申込ツールを活用し、仮審査申込のDX化を実現する取り組みがあります。このたび金融業界・不動産業界の審査業務のDX化をさらに進めていくために、金融機関・ハウスメーカーへ住宅ローン仮審査申込ツールの提供を開始しました。

参考:MILIZE、みらいバンクが住信SBIネット銀行と「JFIA 2024」コラボレーション部門にて受賞
https://milize.co.jp/news/20240307_5892

■住宅ローン仮審査申込システム の特長

 本サービスは、必要書類を取って送れば、仮審査のための営業員の作業負荷を減らし、仮審査をスピーディーに実現することが可能となります。

1、仮審査申請手続きは、簡単な入力と書類の写真を撮って送るだけ!

 お客様には、本人確認書類・収入証明書類等をシステム上でアップロードし、必要情報を入力いただくだけで、提携金融機関とファイルを共有することができます。また、物件資料等はハウスメーカー営業担当者からアップロードしていただきますが、書類アップロード機能によりメール誤送信リスクがなくなり安全です。

2、ハウスメーカーの管理部門・営業部門が同じ画面でプロセス管理

 提携金融機関が仮審査進捗プロセスをハウスメーカーへ提供することができ、ハウスメーカーは提携金融機関へ電話照会等を行うことなく、銀行休業日であっても審査進捗状況を確認することができます。

3、住宅ローン電卓・固定変動金利判定等のお役立ち機能(オプション)

 MILIZEでは、個人のライフプランに関するお役立ち機能を豊富に保有しており、住宅ローンについては、金利タイプ診断、ローン計算・比較・繰上試算・控除試算・借換計算・項目逆算等の便利な計算ツールを利用することができます。
 ※お役立ち機能についてはAPI提供も可能です。

 また、MILIZEでは住宅ローン仮審査申込システムに入力されたお客さま情報は、お客さまへの情報提供の最適化(AIレコメンド等)に必要な情報と考えており、将来的にはお客さまの同意取得の上でデータ活用することで、よりお客さまへ付加価値を提供する手助けになると考えています。

 今後も、お客さまにとって、わかりやすく便利な金融サービスの提供や、企業担当者の業務効率化を加速させることで、金融の民主化を推進していきます。

    ■株式会社MILIZE 概要

    • 社 名:株式会社MILIZE
    • U R L:https://milize.co.jp/
    • 所在地: 東京都港区芝浦4丁目12番38号 CANAL GATE SHIBAURA (キャナルゲート芝浦) ビル6階
    • 設 立:2009年4月
    • 代表者:代表取締役社長 田中 徹
    • 事業内容:金融工学、AI研究、フィンテックツールの企画・開発・運用、金融マーケティング支援